未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

プログラマーになりたい未経験者は必見。勉強方法からITスクール、就職まで現役エンジニアがお答えします

「未経験からプログラマーになりたい!」と熱意はあっても、最初はわからないことがたくさんあります。

そんなあなたの「わからない」にお答えするのが未経験からプログラマーZETです。

プログラマーの種類や、勉強方法、効率のよい就職活動についてなど、詳しく解説していきます。

本当にプログラマーになれるの?不安に思わなくても大丈夫

今までプログラムに触れたことがないと、「本当にプログラマーになれるのかな」と不安になることがあります。

まさに私がそのタイプで、3年前勉強をはじめた頃もできるのか、なれるのかと常に心配していました。

でも今になって考えてみたらプログラムを勉強することにメリットはあってもデメリットはなく、何も不安に感じることはありませんでした。

「適性がないとプログラマーになれない」に惑わされない

我が道をいく!

WEBサイトや本では「プログラマーには向き不向きがある」という趣旨の内容をよくみかけます。

確かにプログラマーは技術職なのでに適性は明確にあります。向いていない人は辛いと感じることがあるかもしれません。

しかし適性はプログラマーだけに当てはまることはではなく、人に個性と特性があるかぎり、向き不向きは生まれます。

もしプログラムを勉強する前から自分には適性がないと思うなら、何もはじめていないのに非常に残念なことです。

適性よりも自分に合ったレベル感、ステージが大切

人にはそれぞれ自分に合ったステージがあります。

例えばですが、あなたがこれから野球を始めるとして、プロ野球選手として活躍できるでしょうか?

運動神経がよくなくてはいけないし、センスも必要です。メンタルの管理も大切。

一般的に難しいことだと思います。

ただプロ野球選手はダメでも、頑張れば、地元の草野球大会なら出場できるかもしれませんよね。

プログラマーも同じです。

Googleのような有名企業で働いたり、1千万円プレイヤーのエンジニアになることは難しいかもしれません。

でもプログラミングの能力を一定のレベルまで引き上げることは可能です。

そうすると今よりもう少しお給料がアップしたり、プライベートに時間をさけたり、生活に余裕と選択肢が生まれます。

自分のできる範囲で活躍することが一番大事なことなのです。

プログラミングを勉強することで得られるメリット

プログラマーになると?

普通の企業でもパソコンスキルがないと昇進すら危ないという現実

現代ではITやコンピューターはとても身近なところにあります。

スーパーのレジですらコンピューターが組み込まれている時代になりました。

どの職業でも管理職以上をめざすならITの知識は必須でしょう。

そして効率よく仕事をするためにプログラミングはとても重要な役割をになっています。

上記は極端な例に思えますが、プログラミングができる人には日常的にある話です。これほどIT化がが進んだ世の中ではパソコンスキルは避けて通ることはできない課題なのがわかります。

よりITに詳しい知識がある人が企業から求められ、上級職に食い込める時代がきているのです。

プログラムを勉強すると多様な働き方への移行が簡単になる

プログラミングに携わる仕事はとても自由がききやすいのです。

もしプログラマーの勉強をして挫折したとしても、ITの分野は多岐にわたるので、WEBデザイナーやディレクターへの転身も可能です。

また在宅で仕事をすることもできます。副業で高収入を得ることだって夢ではありません。

パソコン1台あれば作業ができるので、どこでも仕事ができます。

実際に私もリモートワークで働きながら充実した生活を送っています。地方に住みながら東京の企業の正社員です。

ライフスタイルに仕事を柔軟にあわせることができるのもプログラミングの魅力のひとつといえます。

プログラマーは就職活動で有利になる

現代ですらIT関係の人材が不足しているといわれていますが、将来的にはもっと大幅な不足が予想されます。

「世界的にIT人材不足が懸念されています。表現や時期は微妙に異なりますが、米国では『2020年までに約100万人のITエンジニアが不足する』、日本では『2030年までに約78万1000人のIT人材が不足する』と、それぞれ発表されています」

出典:プログラミング、誰もが「知らないでは済まされない」時代突入…未習得だと職失う恐れ-Business Journal 

そう、ITに関わる人材は売り手市場で優位にたてる状況です。

「プログラマーになるには理系の大学や情報処理の専門学校を卒業した人が有利」と言われてきた時代は終わりました。

素晴らしいコードが書けるなら理系も文系も関係なく求められます。

今と昔では学習環境がちがう、自分のスタイルに合わせて勉強ができる魅力

まず今と昔ではプログラミングの勉強環境が全くちがうことを頭に入れておいた方がよいでしょう。

それだけ急激に発展してきたともいえますが、現代ではプログラミングの勉強をする環境が、昔に比べると格段に整っています

まず自分でも勉強できる学習サイトがネット上のサービスでたくさんあります。

動画形式のものや、自分でコードを打つタイプのサイトまで、無料のものが多く、少しでもユーザーがプログラムの世界にはいりやすいように工夫されています。

また現代のプログラミングスクールではオンライン講座が用意されており、地方の人でもすんなり勉強できるカリキュラムで人気を集めています

費用もだいたいですが5万円~15万円程度で手がでない金額ではありません。

またほとんどのプログラミングスクールが就職を目標に、自分でプロダクトタイプを作ることを前提としており、実際のプログラミングの現場を意識したカリキュラムです。

転職エージェントと提携してカウンセリングまで行っているスクールもあります。

neko4 管理人おすすめのプログラミングスクールはこちら

本当にスクールで学んで就職できるの?絶対に就職したい

やはりプログラミングを勉強するなら業界で絶対に就職したいと思う人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが、就職保証付きのプログラミングスクールです。

年齢や通学できる範囲など条件はあるのですが、スクールの紹介で就職をすることで、プログラミングの学習料金は無料になります。

スクール料金は無料の上、就職の保証まであるので条件さえ合えばぜひ活用したいところです。

プログラマーになるための効率のよい転職活動

効率よく採用ゲット

ハッキリ言うとハローワークや通常の求人サイトではプログラマーという職を扱いきれていません。

なぜかというとプログラマーは技術職だからです。

プログラミングを知らない人は、プログラマーがどんなことをしているか想像することすらできません。通常の求人をメインに扱うハローワークで人材のマッチングができるわけがないのです。

ITが技術が使われている分野は多岐に渡り、言語や仕様が全てにおいて一律ではありません。マッチングする側も広い知識が必要になります。

プログラマーをめざすなら、IT専門の転職エージェントを活用しましょう。

IT業界に詳しいアドバイザーがカウンセリングをしてくれ、履歴書の書き方、面接のシュミレーションまでしてくれます。

的確なアドバイスがもらえて、IT専門の就職先を紹介してくれるのが転職エージェントの強みです。

このサイトの管理人(私)も、勉強をする前に登録してIT専門の転職エージェントからアドバイスを受けてます

ゲーム会社に就職したかったのですが、

『ゲーム業界はとにかく即戦力を求める傾向があるので、30歳越えで未経験なら他ジャンルも視野にいれた方がよい』

『経験も経歴もないなら、自分でゲームを作ってみせれるよう作品は必ず必要』

などのアドバイスをもらいました。

またその時の自分のスキルレベルで就職しやすい業界や会社も教えてもらったのです。

結局ゲーム系の会社への就職はかないませんでしたが、無事に別ジャンルのWEB系の会社に就職することができました。担当してくれる人によって相性はあるかもしれないけど、相談して損はないと思います!

button

プログラマーに転職できなかった…おわり。ではなく今の時代はフリーランスで活動!

ライフスタイルは自由自在

せっかくプログラミングの勉強をして転職エージェントに登録しても、うまく波にのれないこともあります。

就職はタイミングに大きく左右されるので、時期が悪ければ思うような働き先が見つからないことも考えられます。

その場合、生活のためにアルバイトを…、どこでもいいから雇ってくれるところを…と不安に思うかもしれませんね。

でもプログラミングができるならフリーランスになる道があります。

現在では、オンライン化がすすみ、遠くにいてもリモートワークで働けるようになりました。プログラミングという特性上必ず会社に行く必要がありません。

フリーランスとして労働期間や時間を自分で選べて準社員のように働くこともできれば、副業として週1日から作業に入ることもできます。

現在就職しているなら副業として稼ぐことができる。
フリーランスでありながら企業と契約して正社員のように働く
正社員でありながらリモートワークで好きな場所で働く

今やプログラマーやエンジニアほど自由な働き方ができる職業はないのではないでしょうか。

プログラムは嘘をつきません。

あなたの生活に新しい刺激を与えてくれるはず。

ぜひこの機会に、臆することなくプログラミングを学んでほしいと思います。

次のページではプログラマーになる方法についてもう少し詳しく解説しています

Page / 1 2

2017/08/29