未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

IT転職エージェント プログラマーの就職

プログラマー35歳定年説は本当?未経験で30歳すぎてもIT業界に転職はできる?

2018/02/26

こんにちは、なかやです。

自分でタイトル書いててなんですが・・・

『プログラマー35歳定年説は本当?30歳すぎてもIT業界に転職はできる?』

 

ええ、結果からいえば30歳すぎていてもIT業界に転職できますよ

なぜかといえば・・・

 

自分は未経験から勉強して35歳でシステム会社で正社員してますから。それもリモートワークで。

ここに生き証人がいますから!

 

このプログラマー35歳定年説は半分は都市伝説です。

でも半分は本当のことです。

30歳を越えて、企業に認めてもらって雇用してもらうためにはそれなりに努力やコツがいります。

だって技術職じゃなくても、中年以降は転職って難しくなるでしょ?

若い人に比べたら選択肢がせまくなるのはどの職種でも同じことです。

結論からいうと30代でプログラマーになるのは可能ですがラクではないです。

199●年!プログラマー35歳定年神話説はあのバブル後からはじまった!

あたあたあたた

 

35歳が定年説がどこからきたのかというと、バブル期後の1990年代からなんですよね。

1990年代はITの黎明期ともいえる時でテクノロジーが急激に変化していた時代でした。プログラマーという人たちが年齢を重ねてなかったんですよ。年を重ねたプログラマー象というものがありませんでした。

30代になると管理職になるという漠然としたものだったのです。

今ほどテクノロジーがグローバルになって、さまざまなところで求められるとは想定していなかったのです。

いってしまえば今とは全然状況がちがうのです。過去の遺物なわです。なので引き合いにだすのはおかしな話です。

でも企業は頑なに35歳定年神話を信じて面接を続けています。

 

企業のいってることも一理ある、プログラマー35歳定年説

とわいえ、企業の言っていることも一理あります。

そのひとつが人件費のコストの問題です。

つまり35歳の人と、22歳の新卒の人とでは、支払わなければいけないお給料にかなり開きがあります。

下手をしたらあなたひとりのお給料で新卒の人が2人雇えるかもしれない。それも若い人の方が伸びしろがあるわけです。

 

・・・もしあなたが会社の社長だとしたら、どちらを雇用しようと思いますか?

ただでさえプログラマーのお給料は他と比べると高額になるのです。単価が安くてのびしろのある若い人に力をいれたくなるのはあたりまえです。

これはプログラマーに限ったことではありませんがIT業界は顕著です。

 

もうひとつは、30代でプログラマーになりたいという方は傾向として「経験値がない」「受け身」という問題があります。

もし30代で何もWEBやプログラミングの勉強をしてない人が、IT企業の面接にいったとしたら面接官はきっとこう思いますよ。

 

『で?おまえはいったい今までなにしてたわけ?』

『20代、全然関係ない職についてて、なんで急にプログラムとかやろうと思ったわけ?』

『ねぇねぇ、プログラム本当に好きなの?それってポジショントークなんじゃね?給料がいいからプログラマーになりたいとかって思ってないよね?』

 

えー、ひどいなぁと思うかもしれませんが、もし別の職に就いていたとしても、本当にプログラム仕事がしたいなら、自分で勉強してます

プログラミングスクール行くなり、独学でも自分のプライベートな時間を使ってでもやってます。サイトを作ったり、アプリを作ったりしているはずです。

「会社にはいってから一生懸命勉強します」は20代でのびしろがある人しか通用しません。

30代でそれも技術が必要な分野に転職したいというのですから、受け身であってはいけないのです。

攻めて攻めて攻めなくてはいけません。

自分のプライベートな時間やお金を削ってでも、勉強して就職に臨まないと難しいでしょう。

だから企業の言う「プログラマー35歳定年説」もあながち間違いではないのです。

 

常識をくつがえせ!定説や人の話に不安になるな!

うちの奥さんの話になるのですが、ちょっと変わった人でして。

自分より年上でアラフォーなのですが、数年前にWEBデザイナーをめざす!と突如、公言しました。

その時、周りの人に大反対されました。

「その年で何考えてるの?いろいろ覚えるの大変なのにできるはずがない」
「仕事をもらえるはずがない」
「そういうのは若い人の仕事でしょう」

田舎というのもあると思うけど、それはそれはいろいろ言われたのです。

そりゃ自分は応援してましたけど、不安に思っているのではとフォローしようとしたら、本人はケロッとしてました。

「自分がやるといったらヤル!」と黙々と勉強してました。

今ではフリーランスでWEBデザイナーをしてます。そのへんに働きにいくよりなんぼかいい時給を稼いでます

 

この記事を書いている私も、働きながら資格もとったし、コツコツ勉強を重ねました。実績も作りました。

今の仕事に就くまで、就活期間は長かったです。でもプログラマーで正社員です。

結局は、本気でやる気があるかどうか

その一点にかかっています。

結果は誰にもわかりません。でもチャンスはあります。

-IT転職エージェント, プログラマーの就職