未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

PHPの勉強をしよう

プログラミングの勉強

PHPプログラマーになる為の環境構築

2017/10/30

Ads by Google

「自分はPHPプログラマーだ!」
と言える人は、アルゴリズムやプログラムの動きについてある程度予測が立てられると思いますので、この記事はあまり参考にならないかもしれません。

「プログラムはよく分かってないけど、PHPを使えるようになりたい!」
という方が対象なので「そんなの知ってる!」という強者は読み飛ばして下さい。

今回はPHPを覚えるための環境設定についてご説明します。

PHPを使えるようになるには?

PHPを勉強するためにはPHPプログラムが実行できる環境を構築する必要があります。
そのためには、

・WEBサーバーを構築するためApacheをインストール
・PHPプログラムをインストール

の、2点を行う必要があります。

WEBサーバーとは何か?

個人的に勉強するだけのサーバー構築で、サーバー専用の機械を準備する必要はありません。

今使っているパソコンをサーバーに見立てて、WEBサーバーのように見せることができます。

その機能を実行するのがApacheです。

Apacheはサーバーにアクセスがあった際に
「WEBサイトのデータはこれだよ!」
とサイトのデータを教えてくれる仕組みをもつ機能があります。

ブラウザはドメインを参考にサーバーへアクセスをしますね。

サーバーへアクセスがあった時にWEBサーバーソフトウェアであるApacheがHTMLやCSSのデータをブラウザに渡します。

この仕組みでWEBサイトが見れるようになっているのです。

PHPをインストールしなければならない理由

Apacheはただデータを渡してくれるサーバーソフトなので、PHPプログラムを書いてもPHPのことは分かりません

そのため、ソフトウェアとしてのPHPプログラムをインストールする必要があります。

どこにインストールすればよいの?

あなたが使っているパソコンへインストールしてください。

実際のインストール方法やファイルの置き方については他のサイトで詳しく説明してくれている方がいますので省きますが、注意したい点があります。

Apacheを起動する環境

あなたのパソコンがインターネットと直接つながっている場合、Apacheが起動していると外部からもApacheが提供するデータにアクセスできてしまう可能性があります

Apache自体は実際のWEBサイト運営時にも使われているソフトですので、本来こういった動きをしなければならないものです。

簡単に言うと、あなたが作っているプログラムやサイトを誰かがアクセスすることが出来るということです。

未完成なプログラムを不用意に置いていると、その脆弱性を利用して公開していないパソコン内のデータを盗まれる可能性もありますのでご注意ください。

対策としては外部からアクセスできないように設定を行っておくなどの方法があります。

インストールするPHPのバージョン

セキュリティサポートを考えると現在では5.6移行を利用した方が良いですが、バージョンにより使える関数、使えない関数、記述の方法などが変わってきます

それでは最新の情報だけあればよいかというとそうでもなく、実際の現場での環境により左右されてきます。

また、ネットで調べながら作業をすることになると思いますが、その場合もPHPのバージョンを確認しながらソースを見るようにした方が良いですね。

自分のパソコンでPHP環境を作りたくない場合

レンタルサーバーを借りてしまうというのも一つの方法です。

実際のWEBサイトなどはレンタルサーバーへデータを置いている場合がほとんどです。

就職した場合でもレンタルサーバーがどのようなものか、感覚的に知っているだけでも理解度は変わってきます。

1か月数百円からレンタルできますので、てっとり早く借りてしまうのもありですね。

ただ、PHPがインストールされているかは確認しましょう

どのようにPHPを学んでいくか?

PHPの学習方法としては、「とにかく作る」ことが基本です。
この基本の考え方を持ちつつ次の手順で進めてみましょう。

PHPオンラインマニュアルを読む

PHP マニュアル 
PHP

PHPプログラムを作る場合に色々とお世話になるマニュアルです。PHPの全てが書かれています。
全部を見る必要はありません。最初に見るべき項目は次の項目です。

・目次の一覧
・はじめに
・基本的な構文

以上の3点です。

あと目次一覧をみてオンラインマニュアルに何が書かれているかを知っておくと後々便利です。

覚える必要はありません。

「はじめに」と「基本的な構文」の部分を読んでおくと、PHPの概要を理解することができます。

ドットインストール PHP入門を学習

ドットインストール・PHP編
ドットインストール

実際のプログラム作成の方法を詳しく学ぶことができます。

ここで学ぶべきことはプログラムの機能です。

どのような機能がありその機能で何が出来るかを確認しながら学習していきましょう。

ドットインストール PHPで作る簡易掲示板を学習

PHPで作る簡易掲示板
ドットインストール2

実際にPHPでWEBアプリケーションを作成することで、PHPでできることを理解します。

また、セキュリティについても意識することが出来ます。

WEBはインターネットに接続する全ての人から見ることが出来るため、悪意ある者に対する対策も必要です。

個人情報やクレジットカード番号などの情報を扱うWEBアプリケーションの場合、不正アクセスにより情報漏洩となると損害が数億円となってしまうケースもあります。

PHPの環境構築はこれで終了

ここまで済ませたら、PHPでできることや、その他必要な知識が見えてきます。

やっとスタート地点というところですね。

実際に作成をして見ると気付くことが多かったのではないでしょうか?

現場ではPHPのみで開発を行っているケースは少ないです。

連携するプログラムがあったり、データベースとの連携があったりと周辺知識も必要になります。

まだ勉強が必要と思うとがっかりされそうですが、PHP+cordovaでハイブリッドアプリを開発することも可能です。iPhoneにもandroidにも対応しています。

業務の幅も広げることができますので「PHPer」と言えるようにもっと深く勉強してみましょう。

Ads by Google

-プログラミングの勉強