未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

費用6万円でプログラマーになる!

無料のプログラミングスクール プログラミングスクール プログラマーの就職 プログラミングの勉強 プログラミングスクールの比較

【費用別】独学とITスクールを徹底比較。プログラミングを効率よく学ぼう

2018/02/26

プログラミングを学ぶ時に一番に気になるのが費用、料金と時間の問題です。

本人の適性や性格にもよりますが、基本的に時間をかければ費用は少なくすみ、時間をかけないのであれば費用がかさばります。

「時間>お金」なのか「時間<お金」なのかはこの記事を読んでいるあなたの情熱とお財布にかかっています。

できたら皆さんが適度な勉強方法を選べるよう、今回はプログラミングの費用・料金と時間についてご紹介します。

好きな費用項目をクリックしてね。くわしく解説しています

【費用0円】無料スクールや独学でプログラミングの勉強をする

独学でプログラミングの勉強する

いろいろな事情から有料のスクールに通うのは難しいという人も多いと思います。

今回は費用0円で勉強をしてプログラマーになる方法をご紹介しますが、お金をまったくかけずにめざすとなるとかなり方法は限られてきます。

自分もスクールにはいかず、独学でここまできたので出来ないことではありませんが、ただスクールに通うより時間がかかると考えておくのが妥当です。

費用0円×1日3時間を勉強すると考えて6ヶ月~1年の期間は最低でも考えておいた方がよいでしょう。

言語にもよりますが最低ライン、基礎をしっかり理解するまでの時間です。

教えてもらえる環境がないということは何もかも自分で調べてやらなくてはいけないので、お金をかけない代わりに時間がかかります

そしてもうひとつモチベーションの維持には細心の注意をはらう必要があります

独学では小さなことにつまづいてイヤになってやめてしまう人が非常に多いのです。

そこをもうひと押し、調べてでも人に聞いてでも解決しようというやる気が必要になります。

やる気はいつでも湧いてくるものではないので、習慣にしたり、取り組みやすい環境を作るしかないのですね。

未経験からプログラミングを学ぶ際の独学での勉強方法

学習するプログラミング言語が決まらなければ勉強しようがありません。

プログラミング言語にはそれぞれに役割や適正な分野があります。

もし迷った際にはこちらにプログラミング言語が何に使われているか詳しく書いているので参考にしてみてください。

また迷った際には下記の章のインターネットのプログラミング学習サイトで、気になる言語を実際に勉強してみましょう。

プログラミングではとにかく手を動かして覚えることが一番大切なことなので感覚がつかめるはずです。

無料のプログラミング学習サイトを使う

ドットインストールProgateを使う独学の勉強方法です。

プログラミングの参考書や解析書を購入してもいいのですが、ドットインストールは動画で解説してくれるし、 Progateはスライド方式で自分でコードを書き込んでいくことができます。

一部は有料ですが、基本無料なので使わない手はありません。

twitterやFacebookを使う

twitterやFacebookで自分が尊敬するエンジニアや企業、好きな言語についてつぶやいている人をフォローしてみましょう。

そんなの役にたつの?と思われるかもしれませんが、通勤の合間や待ち時間に少しのぞくだけでも勉強になります。特にtwitterはおもしろおかしいネタのような話もあってすんなり頭の中に入っていきますよ。

隙間時間を上手に活用しましょう。

なにはともあれ作品を作る

最初は簡単なものでかまいません。アプリケーションやサイトなど誰かのマネでいいので制作物を作っていきます。

自分の場合はクラウドソーシングに掲載されている案件をみて、仕事を引き受けたと仮定して作品を作っていました

はじめは採用されなくてもいいんです。

とにかく観察してどんな仕事があるか見るだけで、世の中で何が求められているのかがわかるし、似たようなプログラムを作ることができれば次は実際に応募して腕試しもできます。

リサーチして制作物を作るのにクラウドソーシングは最適です。

初心者は特に右も左もわからないので「こういうものを作ればいい」という課題づくりのために参考にしましょう。

無料スクールや就職保証付きのスクールで勉強する

こちらは年齢や地域が限られてしまうのですが、条件付きで無料で教えてくれるスクールや転職支援企業があります。

基本的に18~35歳、つまり20代が対象、東京で学習が条件のところが多いです。

会社勤めの人には難しく、1ヶ月~3ヶ月ほどプログラミングの基礎をみっちり学びます。

条件は厳しいですが、可能なら検討してみてもよいでしょう。

職業訓練でプログラミングを勉強する

職業訓練でもプログラミングを教えてくれる講座があります。

こちらは自治体によって講座にかなり違いがあるので、住んでいる地域のハローワークに問い合わせるのが早いでしょう。

自分の時は田舎ということもあってか職業訓練でプログラミングのコースはなく、WEBデザイナーのコースを受講しました。

メリットは条件があるのですが給付金をもらうこともできたので、お金のことをあまり考えることなく勉強に集中することができました

デメリットはアルバイトの先生だったためか教科書に沿って進めるだけで応用がなく、授業自体はあまり身になりませんでした。

周りの人も給付金目的の人が多く、本気でサイトを作ろうという人が少なかったのでモチベーションが下がって大変でした。

ただこの辺は地域や自治体の環境によるので一概にはいえないかもしれませんね。

あと職業訓練でプログラミングを教えてもらっても、それだけではプログラマーには到底なれません。

独学+職業訓練 と考えた方がいいと思います。

それでもお金がもらえて時間が作れるという環境は、大人になるとなかなか作ることができないのでありがたいですよ。

企業の社内研修でプログラミングを勉強する

こちらも20代の人が中心ですが、「未経験でもOK」というIT企業の求人が結構あります。

自分のところでしっかり人材を育てたい優良企業と、人がいないのでとにかくアサインしたいブラック企業がいりまじっているので、企業選びはとにかく慎重におこなった方がいいでしょう

できたら試用期間がある企業の方がいいですね。合わないと感じたら試用期間で辞めることもできますから。

ただ会社で教えてもらいながら勉強するのは、それなりに成長を見込まれているのでプレッシャーがかかることも理解しておいた方がよいです。

 

【費用6万円】独学+プログラミングスクールでプログラマーをめざす

自分の感覚なのですが、なにかに即決で出せる金額はだいたい5、6万円ぐらいまでだと思います。

少しならお金をだしてもいいという方におすすめの勉強方法です。

言語の難易度にもよりますが、費用6万円×1日3時間で6ヶ月ぐらいが目安でしょうか。

それぐらい学べば基礎は理解できると思います。

プログラミングの本を買って勉強する

このインターネット社会に本なんてと思うかもしれません。

でも初心者には書籍の方が勉強しやすいでしょう。

確かにネットにはいろいろな技術を説明してくれるサイトは多いのですが、どれも情報がジクソーパズルのように切れぎれです。

そのため上級者なら自分の知りたいことだけ調べればいいので十分なのですが初心者には不向きです。

書籍を選ぶときは参考書のように全てをまんべんなく書いている本より、ひとつのプログラムを一緒に作っていくような練習型がおすすめです。

英単語でもただ書いて覚えるだけではなかなか頭に入ってきませんよね。でも映画のワンシーンで好きな女優さんや俳優さんが言った言葉なら覚えてしまうでしょう。

すこしでも実践に沿った本で勉強した方が覚えやすいのです。

プログラミング学習サイトの有料版を試してみる

ドットインストールや Progateは無料版だけでなく有料版もあります。

なにが違うかというとより多くの講座を取得することができたり、動画を何度も繰り返し見れるなど便利な使い方ができることです。

費用も1,000円以内が多いので大きな負担にはならないことが多いのでおすすめです。

 

またその他にもUdemyなどの学習サイトでは学びたいことを講座で購入することができます。

平均3000円~6000円程度かと思うので気軽に使うことができるのでおすすめです。

プログラミングスクールで勉強する

プログラミングスクールとなると安くても10万円台からというのが相場です。

でも中にはお得感のあるスクールもあります。

おすすめしたいのが日本プログラミングスクールです。

日本プログラミングコースは料金が全体的に抑えられているうえに、多彩な講座で受講者のことをが考えられています。

特にC言語やJavaのオンラインだけの講座があるのは珍しく、自分が調べたかぎり他には見当たりませんでした。

通学コースと通信学習コース(オンライン)集中して勉強できるよう宿泊コースもあります。

6万円が上限とすると

通信学習コースではPHPマスターセット30,000円

通学コースだと、チケット制で25,000円からというのが最安値です。

ただ通信学習コースも平均で8万円台ですし、年間パスポートだとコース組み合わせ放題で190,000円なのでやはり費用は抑えられると思います。

通学コースの場合は千葉県船橋市愛知県名古屋市に校舎がありますよ。

 

【費用15万】プログラミングスクールで本気のプログラミングを学ぶ

15万円もあればプログラミングを学ぶ幅もかなり広がります。

特にプログラミングスクールを上手に活用することで時間を短縮して技術を向上させることが可能です。昔に比べると低価格でプログラミングを学べるのです。

今回は15万円以内の料金で納まるプログラミングスクールについてピックアップしていきます。

・TechAcademy(テックアカデミー)
完全オンライン
・各コース(4週間)129,000円

バラエティに飛んだ12のコースがあるので、ピンポイントに学びたい人には最適です。

 

・TECH:CAMP
通学
・イナズマ(1週間)社会人118,000円
・通常(1ヶ月)社会人128,000円
完全オンライン
・通常(1ヶ月)社会人118,000円

コースは少ないが全額返金保障など他のプログラミングスクールにはないサービスが特徴です。

 

・Code Canp 
完全オンライン
・スピードプラン(1ヶ月)148,000円 

「プログラミング家庭教師」というキャッチコピーにあるとおり、自分に合った先生とマッチングできるのが魅力。

 

独学・スクール卒業後の就職やIT転職へのアプローチ、転職支援について

プログラグミングを学習するのは就職のためと頑張る人は多いでしょう。

スクールを卒業するとプログラマーとしてはまだまだだが「一定のレベルがわかる」と企業からは認識されます。

独学でも真剣に半年も学べばスクール卒業と同じレベルまでいけます。

独学で勉強した後やスクール卒業後の就職についてお話します。

今の会社に在籍しながら気軽にIT転職がしたい

今現在働いているとしたら急に転職には踏み切れませんよね。

会社に在籍しつつあまり時間をかけずに転職相談ができるサイトをご紹介します。

Wantedly

登録して惹かれた企業があれば「話を聞きにいきたい」をクリック。先方が興味をもってくれたら返信があります。

「まずはランチを一緒にしませんか?」など気軽な提案があったり、正社員だけの募集にこだわるのではなく、土日だけのアルバイトやインターンでもOKなど、ゆるい雰囲気が人気です。

Paiza
codeIQ

履歴書の代わりにコードで応募しよう!という転職支援サービスです。

プログラミングの問題を解くことでランク付けがされ、企業からオファーがきます。

自分のレベルの確認にもなるので腕試しで取り組めるところがいいです。

本気で転職したいならIT専門の転職エージェント

とにかくガッツリ就職に取り組むならITに特化した転職エージェントを使用することが就職への近道です。

IT業界に詳しいカウンセラーからいろいろとアドバイスをもらえます。

労働環境のよくない企業はフィルターをかけて弾いてくれたりするので、相談してみるだけでも参考になります。

履歴書の書き方や面接時のシュミレーションなどのフォローもあるので、IT業界への転職経験がない人に特におすすめの方法です。

【費用別】未経験からプログラミングを学ぶ・まとめ

普通に考えていただければわかると思うのですが、どんな勉強方法でも数か月ではプログラマーにはなれません

プログラマーの卵です。

 

なぜかというと圧倒的に経験が足りないのです。これだけはどうしようもないことです。

なのでプログラミングスクールや最初の独学の勉強は基礎を身につけると考えておいた方がよいでしょう。

その上でより腕を磨いていきつつ、就職に結びつけていくことが重要になってきます。

-無料のプログラミングスクール, プログラミングスクール, プログラマーの就職, プログラミングの勉強, プログラミングスクールの比較