未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

ドローン産業

Pythonについて プログラマーの就職・転職 プログラミングの勉強

ドローンエンジニアになる方法。プログラミングをはじめてみよう

2018/09/18

Ads by Google

最近なにかとよく見るドローンですが、思いもよらない場所で使われていますよね。

ドローンが民間で活躍すると同時にドローンエンジニアという言葉が生まれました。

ドローンエンジニアとはどんな職業なのでしょうか?またどうすればなれるのでしょうか?

ドローン業界は操作できる人がいない、エンジニアが足らない

すごい速さで日々発展しているドローン業界ですが、とにかく人手が足りていないとの情報があちこちから聞かれます。

「国内で腕の立つ操縦士は100人以下。そこにドローンを用いた空撮の依頼が集中しているために仕事の単価は高まっており、高額なケースでは空撮1本で50~100万円にも及びます」

出典元:週プレnet

操縦士だけでなくエンジニアも不足しており、市場もこれからというのがわかります。

ドローンが何に使われているか、必要な技術をさぐる

ドローンでなにができるのかを考えること、どんなエンジニアが必要とされているのかがわかってきます。

・空撮
空から撮影した映像を加工、VR化して販売
ライブやイベントにも活用される

【求められる技術】
VRやunity、動画加工の技術、

 

・防犯、災害
ヘリコプターでは難しい場所でもドローンなら捜索できるので、地震や災害時にドローンで人命救助ができるのではないかと開発がすすんでいます。
九州大学ではドローンを活用することで救助時間が3分の1になるという研究報告もあります。

【求められる技術】
ネットワーク技術、AI

 

・産業、物流
楽天がゴルフ場限定の宅配サービスをドローンで開始しています。オーストラリアのドミノ・ピザ・エンタープライズもドローンでの宅配を始めました。
今後も産業や流通の分野でのドローンの活用が期待されています。

【求められる技術】
ネットワーク技術、AI

 

その他にも、測量や農業、さまざなまシチュエーションで今後もドローンが使われることが考えられます。

 

ドローンはどんなプログラミングで動いているのか?

組み込み系のプログラムでドローンは作られています。

Python、C/C++といった言語です。

ただドローンは単体で動くだけではありません。ソフトウェアやネットワークとセットで考えられています。

使用が多岐にわたるため、求められるエンジニアのスキルも産業分野によってことなります。

上の章でも紹介しましたが、人工知能(AI)開発技術、ネットワークの技術、Iot開発などが必要とされることが予想されますね。

例えばドローンで測量するなら3次元データーの画像処理やCADが使えることが前提になります。配達ならネットワークの技術は必須です。ドローンとサービスを結びつけるアプリケーションの開発技術も必要になります。

なので一言で「ドローンを飛ばす」といっても、自分がどういった分野で仕事をしたいのかによって、必要な技術が変わってくるのです

ドローンを開発するための言語と勉強方法

さきほどもお話しましたが、ドローンを動かすためのおもな言語はPython、C/C++(C言語)です。

ただC言語は難易度が高く初心者が勉強するには向いていません。

これからドローンの開発がしたいならPythonがおすすめです。

独学でも勉強できますが、プログラミングスクールで習った方が早く習得できます。

 

■こちらにドローンの勉強におすすめな本や実践方法が書かれています。

ドローンプログラミング入門

 

■Youtubeでドローンの制御やPythonについて動画がアップされています。初心者にわかりやすい内容になっているので探してみるとよいでしょう。

 

■また最近では、ドローンの開発をサポートするフレームワークもでてきました。

フレームワークとは開発を簡単にするための枠組みのこと。テンプレートのようなものです。

無料でダウンロードできます。

https://flytbase.com

ドローンの開発に必要な環境設定

ドローンを開発するためのプラットフォームやスキルセットについてご紹介します。

今ドローン業界でも有名で大きなシェアを占めているのがDJIです。3つの開発SDK(ソフトウェア開発キット)が用意されています。

DJIの開発SDK

MOBILE SDK(モバイルSDK)

IOS 8.0とANDROID 4.2.2以上以上がサポートされています。スマートフォンを使ってドローンを制御したい場合などの開発に使われるキッドです。フライトコントローラーとモバイルとの通信が可能になります。

【技術】
アプリ開発の知識がそのまま生かされます。
Python、Java、C, C++など

Onboard SDK(オンボードSDK)

WINDOWSやLINUXなどのOSがサポートされており、シリアル接続で直接フライトコントローラーと通信します。自律飛行の操作や経路を制御して情報を収集することができます。より企業開発に使われるSDKです。

【技術】
組み込み系の技術が必要です。
C, C++など

GUIDANCE SDK(ガイダンスSDK)

さまざまな開発に使わうことができる多機能プラットフォームです。飛行衝突や障害物への衝突を回避する最先端技術が組み込まれています。

【技術】
組み込み系の技術が必要です。
C, C++など

くわしくは DJI DEVELOPER のサイトへGO!

 

ドローン系の制転職サイトもある

最近では需要が多くなったことからドローン専門の求人サイトもでてきました。

エンジニア関連の求人は多くないですが、見てみると「おっ」と思う求人もあります。

ドローン業種専門の転職サイト「スカイエージェント」
スカイゲート

まだまだこれからの発展が見込めるドローン市場、この波に乗ってみるのも悪くありませんね。

Ads by Google

-Pythonについて, プログラマーの就職・転職, プログラミングの勉強