未経験者からプログラマーZET

未経験でもプログラマーに絶対になる!プログラミング初心者のための情報サイト

IT転職エージェント プログラマーの就職 プログラマーの働き方

【体験談】35歳プログラマー未経験からの転職。IT業界でエンジニアになるために必要なこと

2018/05/02

35歳でプログラマーになりましたが、才能もないし優秀でもありません。

中学生の頃にC言語を3日で挫折して、23歳の時にサイトをホームページビルダーで作ろうとしてあきらめました。アクションを起こして挫折の繰り返しです。

ではなぜ今プログラマーになれたかというと行動に移す実行力があったこと、そして「目的」「相談」「環境」この3つを実行したからでした。

私の体験談とともに未経験者がプログラマーになるために必要なことをお話したいと思います。

管理人のプログラマーになるまでの体験談はこちら↓

お尻に火がつく、きっかけは家庭の事情

最初はプログラミングが大好きで・・・なんてことではありませんでした。追い込まれて苦しんで悩んだことがきっかけです。

給料カットと家庭の事情でいっきに不安が増したから、というのが赤裸々な事情です。

両親が体調を崩して、将来は実家に帰る必要があるという話が持ち上がっていたことが不安をあおりました。

自分はどうしても未来について明るい展望がみいだせなかったのですが、オロオロしていた私に妻がこういいました。

「年齢的にもギリギリだし、最後だと思うからあなたの好きなことをすればいい。こんだけ不安定な世の中だもの。あとのことは考えても無駄になるよ」

その時にプログラミングをやりたいと気持ちが決まったのだと思います。

当時30歳だったので、ギリギリというか終わっていたのですが、自分が何をしたいのかを見直すきっかけをもらったのです。

それにIT関係なら在宅で仕事もできるし、これからどんどん発展していく分野です。需要があると確信しました。

何を勉強すればいいの?知識も能力もゼロ

忘れもしないのですが、妻が2万円を持たしてくれてこれでプログラムの本を買ってきなさいと言ってくれたことがあります。

大きな本屋に行ったのですが、本を買って帰れなかったんですよ。

何を勉強していいかわからなかったんです。だからどの本を買っていいかすらわかりませんでした。

今なら笑い話なのですが、当時は途方にくれました。

エンジニア専門の転職エージェントに登録して情報を集める日々

当時は自分に対する自信もくパソコンスキルもなかったのでネットで調べても、思うような情報にはたどり着けませんでした。

あとは行動を起こすしかないと、とにかくIT業界の知識がある人に話が聞きたくて、転職エージェントに登録して話を聞きまくったのです。

ゲームが好きだからゲーム系のプログラミングをしたいと漠然と考えていたのですが、いろいろな転職エージェントに相談するうちに、非常に甘い考えだということがわかりました。

「ゲーム系の仕事は即戦力を求めたがるから、30歳を過ぎて未経験は厳しい」
「SIerなら仕事があるかもしれないが、激務だし転勤もあるよ」
「経験を磨きたいなら都会に出た方がいいよ。就職先が充実してるし。」

『30歳もすぎてプログラミング未経験なんて話にならない』と鼻で笑われたこともあります。

30歳越えの地方住みには、現実は厳しいです。

でも中には真剣に相談に乗ってくれる担当者もいました。その中でも

「WEB系のプログラマーがいいと思う。勉強しやすいし、プログラミングがダメならWEBデザイナーやディレクターという道もある。」

と話してもらえたのが役に立ちました。

IT業界はコンピューターやプログラムを使われている現場が多岐に渡るため、企業や言語、エンジニアの種類によって働き方が全く変わってくるのです。

就職するタイミングではなく一番最初に転職エージェントで話を聞けたのはよかったですね。

プログラミングの実績をつくる。苦しいけど楽しいデビュー時代

HTML+CSSを多少は知っていたし、いろいろなサイトを作ってみたいという気持ちもあってWEB系のプログラミングを勉強することにしました。

WEB系というのはブラウザを通したプログラムのことで、言語はPHP、Ruby、Pythonなどがあります。自分はwordpressを触りたかったのでPHPを必死で覚えました

そして実績を作りたくてランサーズやクラウドワークスに片っぱしから応募しまくったのです。

当時はまだランサーズもできたてホヤホヤで、プログラマーという職種が今ほどピップアップされてない時代でした。

不安もあったけど、これからはITの時代でプログラマーは需要があると感じていたし、勉強して将来を切り開くことに希望をもっていたので苦痛ではありませんでした。

自分が作ったプログラムがお金になるという体験も大きかったです。

転職活動はうまくいかず、副業フリーランスで気持ちを維持

実績も作れて本格的に就職活動をはじめたものの、そう簡単にはいきませんでした。

就職活動が長期になってしまい10ヶ月以上かかってしまったのです。

しかしモチベーションが低くなることなく、全く焦っていませんでいた。

フリーランスとして副業で稼いでいたからです。

会社を辞めてフリーランスに移行してもいいなぁと思っていた矢先、企業に拾ってもらい、現在は正社員としてリモートワークで働いています。

プログラマーは転職できないから失敗ではない

就職できないと気持ちも落ち込むし、失敗ととらえてしまいがちです。

でもプログラマーなら、企業に頼らない人生が送ることができます。

だからこそ私も長い就職期間も苦にならず、余裕をもって臨めたののです。

プログラミングを学習することにメリットはあってもデメリットはありません。

「絶対成功したい」「失敗したらどうしよう」などと考えずに、気軽な気持ちで勉強に取り組んでみてほしいと思います。

(おわり)

 

 

初心者が注意すべきこと・未経験者がプログラマーになるための段階と選択

プログラミング未経験者

ここからが本題なのですが、プログラマーになるためにはいくつかのステップを自分で考えて決めなくてはいけません。

主に3点あります。

1.年齢が28歳以上か?28歳以下か?

2.プログラムは独学で学ぶのか?スクールで勉強をするのか?

3.どのプログラミング言語を選ぶのか?

です。

1. 年齢が28歳以上か?28歳以下か?

プログラマーになるのに年齢が関係あるのかと思われるかもしれません。

しかしIT業界はよりシビアに年齢を見られます

プログラマーやエンジニアは単純作業ではありません。一人前になるには多くの経験や学習が必要になってきます。

そのため30歳以降は伸びしろがないと判断されるケースが多くあるのです。

またプログラマーになるための選択肢の幅もちがってきます。

 

28歳以下なら無料・就職保証付きのプログラミングスクールで学ぶことも可能です。

また企業も20代に向けて「プログラミング未経験OK」の求人募集を多く掲載しています。

企業の社内教育と研修でプログラマーになる方法

あなたが20代ならぜひその年齢というアドバンテージを有効に活用してください。

 

反対に30歳を超えているなら、ある程度の覚悟は必要です。

ただでさえ30代になると就職は厳しくなります。選択できる道も限られるわけです。

しかし絶対に無理というわけではありません。

今はフリーランスという道もあるので、しっかり勉強をして腕が認められれば副業でも本業としても稼げます。

現に私が30歳を超えて勉強してエンジニアとしてリモートワークをしているので、本気でやれば結果はついてきます。

未経験でもフリーランスでプログラマーになる方法

経験が浅いプログラマーにおすすめのクラウドソーシングサイト(姉妹サイト)

 

2.プログラムは独学で学ぶのか?スクールで勉強をするのか?

お金に余裕があるならプログラミングスクールをおすすめします。

なぜなら実体験として感じているからです。

私は当時、学習サイトをもっと有効に使おうなどの頭もなく、苦痛に思いながら勉強していました。

つまづくことも多く、一人前になるのに猛烈に時間がかかったのです

プログラミングスクールは時間の短縮になるし、挫折しにくいというメリットがあります。

それに今のプログラミングスクールはひと昔前のスクールとは全然ちがって、プロトタイプの制作に力をいれているのでより実践的です。

例えばTechAcademy(テックアカデミー)はこんな感じ。

言語によってちがいますが、完全オンラインの授業で受講料金も15万程度です。

余裕があるならぜひ一度検討してみましょう。

⇒プログラミングスクール一覧を見る

 

3.どのプログラミング言語を選ぶのか?

どの言語を選ぶかは言いかえると、どの分野に就職するかということでもあります。

進みたい分野を考えながら言語を選ぶ必要があるのです。

例えば自分はWEB系、PHPを中心に学び、WEBサービスやアプリ製作を中心に実績を作りました。

年齢的に時間がないこと、初心者でも始めやすく、勉強がしやすいことを一番に考えた結果WEB系で攻めるのがいいと考えたからです。

あとPHPやRubyだと比較的リモート案件が多いのも地方在住者には魅力でした。

他の言語でいうと、機械学習を学んでロボットやドローンの分野を学びたいならPythonやC言語を勉強することになります。

・WEB系 WEBサービスやサイト製作、アプリ制作
⇒HTML+CSS、Javascript、PHP、Ruby、Python、Swift、Java

・組み込み ドローン、Iot、AI関係。家電製品や自動車への組み込みプログラム
⇒Python、C, C++、Java

・汎用とオープン系 企業の基幹システム、パッケージシステムなど
C,C++、Java、VB

自分でどの言語を学んでよいのか判断がつかない場合は転職エージェントでカウンセリングを受けてもいいでしょう。

またはプログラミングスクールには無料体験講座がついているので、講師に相談するのもありだと思います。

どのプログラミングスクールでも講師の方はだいたい現役のエンジニアです。現場を知っている人の意見は重みが違います。

 

上記の3点が決まった時に初めてプログラミングを勉強する準備が整うのです。

次は私がプログラマーになるために精神的に実践してきたことです

Page / 1 2

-IT転職エージェント, プログラマーの就職, プログラマーの働き方